Read Article



その『Lightning USBケーブル』大丈夫?非ライセンス商品に潜む罠とは

IMG 5359

こんにちは、充電用途に『Lightning USBケーブル』がもう一本欲しいリブラブです。

先日、アップルストアで、

『Lightning USBケーブル』

を購入したのですが、大手量販店では未だに手に入りにくい状況のようです。

iPhone5には欠かせない『Lightning USBケーブル』ですが、純正品は1880円とお値段が張ることから、サードパーティ製の「Lightning USBケーブル」の登場を待ち望んでいる方も多いと思います。

アップルからライセンス認証を受けている商品なら、何ら問題ないのですが、早くも非ライセンス商品がAmazonや電子パーツショップのような所から出ています。

これらの商品が悪い訳ではありませんが、注意が必要です。

以前も記事で書きましたが、今回発売された『Lightning USBケーブル』には認証チップ?が埋め込まれているようです。

チョット心配なiPhone5のバッテリー消費とライトニングUSBケーブル | Livlove’s ios life

⬇認証チップと思われる画像

Lightning authentication chip 2

アップルの公式サイトの『Lightning USBケーブル』説明では、

『完全デジタルで、8つのシグナルを使う設計』

と紹介されているように

デジタルケーブルです。

このデジタルケーブルは総じて、接続機器との相性とか色々問題がアリがちです。

デジタルの罠

このデジタルケーブルというのが厄介なもので、

規格やフォーマットが変更されると対応できなくなる恐れが有ります。

主な例でお話すると、薄型テレビや、ブルーレイディスクレコーダーで採用されているHDMIケーブルなども、デジタルケーブルです。

規格も色々有ります。

Images
具体的には…

HDMIの規格にはバージョン1.2や1.3、1.3aなど数種類あり、バージョンによってはフルハイビジョンの1080Pが映らなかったりします。

このことから、非ライセンス商品の「Lightning USBケーブル」も、

iOSのバージョンアップで、使えなくなる可能性が大です。

アップルが『Lightning USBケーブル』には認証チップを埋め込んでいる趣旨ははっきりしませんが、模倣品の排除を狙った処置ならば、あり得ます。

また、『Lightning USBケーブル』は充電出来るので当然ですが、微弱電流も流れています。

粗悪品など使うと、発火等の危険も出てきます。

また、認証チップで制御しているのであれば、完全デジタルですので、粗悪品の場合、

データーの破損、最悪の場合iPhoneの故障にも繋がります。

ケーブルが原因で、iPhoneダメになったとかシャレにならないです。

あとがき

ちょっと大げさに書きましたが、そういうリスクもあるという事です。

デジタルケーブルは、偶然繋がった、反応した等はあり得ないので、一旦ダメになると二度と使えない事が多いです。

私は、純正品もしくは、いずれ発売されるであろうライセンスを受けた『Lightning USBケーブル』しか使用するつもりはありませんが、もし買われる方は、その辺りのリスクを考慮して買われた方が良いと思います。

では、また。

The following two tabs change content below.

リブラブ

管理人:リブラブ(@livlove007) iPhone、iPad、Macユーザーです。 iPhone関連の商品やアプリを使った感想、また普段の生活の中で感じた様々な事を気ままに色々書いてます。 Follow @livlove007

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top