Read Article



ブログの色指定にも使えます!DICカラーガイド

こんにちは、色に関してはプロの@livlove007です。
色に関連したお仕事をしております。

皆さんはブログの文字に色指定する場合は、どうしてますか?

赤なら
“#FF8000″…デスかね?
FF8000等判りづらいです。
これらを解決出来るアプリを紹介します。

カラーガイド 2.0(無料)App
カテゴリ: 辞書/辞典/その他, 仕事効率化
販売元: DIC Corporation – DICGraphics Corporation(サイズ: 11.5 MB)
全てのバージョンの評価: (121件の評価)


このアプリはデザイン、出版、印刷等の業界で実質、標準指定色になっているDICカラーガイドをアプリ化したものです。
イラストレーターやPhotoshopをお仕事で使われてる方にはお馴染みだと思います。

本アプリの使い方

起動すると始めに、この画面現れます。


第1巻から第3巻までは一般的に良く使われる色です。
第4巻から第6巻までは使用頻度が比較的少ない色です。
その下のトラディショナルカラーとは、各国をイメージした色が収められてます。

スペシャルメニューは、グレースケールとミュージアム。
グレースケールはその名の通りグレーの階調の色見本です。


ミュージアムは、DICが美術館で実際に絵画等をデジタルスキャンして、色彩データを調べたりしている事について書かれています。

希望の色を選択



試しにDIC81を選んでみます。

すると、カラーチップがでます。

気に入らない色なら、スクロールして変更できます。
この色で良ければ、クリックします。

選んだ色の配合表等が表示されます。

HTML形式のコードもすぐにわかります。
このコードをブログに使えば良いわけです。

画像から色を抽出出来る!

このアプリの凄いところは、画像から色を調べることが出来ることです。

手順は下の通りです。
検索を選びます。



カメラアイコンを押し、カメラを選択



画像をカメラロールから選びます。



写真をタップすると、
上部に画像から抽出されたDIC番号の近似値が表示されます。

好みの画像からお気に入りの色を探せますよ!

あとがき



プロが使用しているものですが、一般の方にも十分活用出来ると思います。

ブロガー名刺などを作る場合、印刷のCMYKも判るので、便利です。

紙媒体のものは有料だったハズですが、アプリとはいえ、無料だとは驚きです(゚o゚;;。

気になった方は使ってみてはいかがでしょうか?

ではでは。

アプリの価格は記事掲載時のものです。
購入時にはお確かめ下さい。

Posted from するぷろ for iPhone.

The following two tabs change content below.

リブラブ

管理人:リブラブ(@livlove007) iPhone、iPad、Macユーザーです。 iPhone関連の商品やアプリを使った感想、また普段の生活の中で感じた様々な事を気ままに色々書いてます。 Follow @livlove007
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top