Read Article



ドラえもん科学みらい展に行って来た

どうも、、ドラえもんの声は大山のぶよ…だよねと思ってるmasamasaです。

大人気のドラえもん展が開催中なので、福岡市博多区にあるアジア美術館に子供達と行って来ました。中州川端の博多座のお隣りです。

さすがドラえもん人気は凄まじく、大盛況。
体験型の展示会らしく、お客さんの多い日は大変混雑するそうです。

さて、入場!

入口に入るとドラえもんが待ってます。
ここで記念撮影もできます。

大体、こういった展示会では撮影禁止なんですが、今回のドラえもん展は撮影フリーでした。

日時等はわかりませんが、ドラえもんの着ぐるみと記念撮影できる日もあります。ちなみに、私が訪れた5月19(土)日は

11時・13時・15時・17時に撮影会があったのですが、時間が合わず断念。

詳しい日時は下記リンク先から問い合わせた方が良いと思います。

ドラえもんの科学みらい展

すぐ横には、映像に映る実物大のドラえもんと一緒に歩くことが出来るスクリーンが。
この時点で子供の心はMAXです。

他のロボットの大きさの比較図や

ドラえもんのひみつ道具を現代科学で作成し、具現化したものが多数展示されてます。


こんなものや

声に反応して葉が動くロボットなんかもありました。

会場の中で一番人気は、透明マントを体験できるブース。

黒い布を着て、カメラに写れば背景と同化してテレビに映し出されるものです。

他にもタケコプターみたいな乗り物。実際に飛べるそうです。

どこでもドアもあります。(中にTVがあり宇宙の映像が流れてました)

出口付近に《ふわふわ迷路》というアトラクションがあり、未就学の小さなお子様でも楽しめます。

一見子供向けの展示会のようですが、各展示物の解説を読むと、しっかりと研究の内容などが書かれていて、私のような大人でも見入ってしまいました。

写真等で観るより、体験したほうが数倍楽しめます。

5月27日(日)までの開催ですので、時間がある方は出かけてみてはどうでしょうか?

簡単なレポですが、このへんで。

ではでは。

Posted from するぷろ for iPhone.

The following two tabs change content below.

リブラブ

管理人:リブラブ(@livlove007) iPhone、iPad、Macユーザーです。 iPhone関連の商品やアプリを使った感想、また普段の生活の中で感じた様々な事を気ままに色々書いてます。 Follow @livlove007
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top