Read Article



ハイテク文具のフリックボールを買ってみました。

ノートにボールペンとかで記入する際、書き損じとかありますが、綺麗にしようとすると修正液とかテープとかで色々やらないといけませんよね。何か面倒だから、僕はそのままにしてしまいます。

知人に、文字が消せるボールペンがあると聞いて文具店に行ってきました。

価格も200円ぐらいで、比較的安価でしたので、試してみることに。

今流行のハイテク文具というやつです。

見た目はごくごく普通のボールペンなのです。

上のように失敗とか良くしますよね。でも、ご安心を。

書き損じた後にペンについているゴムの部分で、筆跡をこすると噂通り、透明になってしまうではないですか!!

これは、消えているのではなくてインクがゴムの摩擦熱で透明になっているようです。

ボールペン本体の側面に、60℃以上の摩擦熱で色を無色化すると記載されてます。

消去後の写真ですが、インクの色はほとんどわかりません。

これなら、間違えてもリカバーできるので安心です。

ただ、うまく透明化したとしても、経年変化でどうなるのかは、正直わかりません。

浮き出てきたりしないものなのでしょうか??気になる処です。

ちなみに色は赤、黒、青の三色しかないと思っていましたが、なんと蛍光色まであります。

消すことができるので、学生さんの教科書とかのマーカーに使うと良いかもしれないですね。

PC等の進化が注目される現代ですが、こうしたアナログ的なものも、しっかりハイテク化されてきているんですねー。

最近は、PC やスマートフォンで文字を打ち込むばかりで、字を書くことが少なくなってしまっているので、地味に驚いてしまいました(笑)。

The following two tabs change content below.

リブラブ

管理人:リブラブ(@livlove007) iPhone、iPad、Macユーザーです。 iPhone関連の商品やアプリを使った感想、また普段の生活の中で感じた様々な事を気ままに色々書いてます。 Follow @livlove007
URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. やっぱり、長期保存には向かないですねw

  2. 消したインクの色は、
    氷や制汗スプレー(笑)ぶっかけて冷やすと出てきますね~
    あと真夏の車内などはは注意かもです。
    僕自身数年前にそのペンとそのペンで書いたノートを車においてたら、ペンのインクが無色になり書けなくなって、ノートも真っ白になってたのでw

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top