Read Article



手軽にカフェ気分!iPhoneアプリ「Coffitivity」

どうも、リブラブです。

皆さんは、カフェやファーストフードでお仕事や勉強される事はありますか?

僕は、家で記事を書けない事があるのでたまにファーストフードに行っています。

外に出ると、お店によっては静か過ぎたりして、逆に集中出来ないという方も居ると思います。

適度にノイズ音があった方が落ち着くという場合もあるかと。

今日ご紹介するiPhoneアプリ「Coffitivity」は、そんなカフェノイズとiTunesの楽曲を使い、カフェさながらの環境音を作り出すアプリです。

スポンサードリンク

シンプルなUI

アプリを起動すると、ブルーが基調のシンプルな操作画面が現れます。

上方のコーヒーカップを左右にフリックすることで、環境音が変更出来ます。

下方の「Add Music」をタップでiTunesに登録済みの曲(iPhoneに入っている曲)を選択。

環境音は3パターンから選べます。

ちなみにスクショの環境音は「Morning Murmur」。

直訳すると「午前のささやき」ですが、朝のモーニングのカフェの音?みたいな感じですかね。

他には、昼食時のラウンジの音をイメージした「Lunchtime Lounge」。

また、大学の学内の音っぽい「University Undertones」などが有ります。

では、試しに何か曲を選んで再生してみます。

タップすると、曲が選択可能になりますが、何やらメッセージが。

”Attention
This version of Coffitivity does not support mixing Cloud Items(i.e. iTunes Match)”

翻訳すると、
”注意
このバージョンのCoffitivityは、混合クラウド・アイテム(つまりiTunes Match)を支援しません。”

現在、日本国内ではiTunes Matchは使えないので、こういうメッセージが出るようです。

ですから、気にせず曲を選んで問題無いです。

曲を選んだら、アプリ画面に曲のジャケットが表示され、再生出来るようになります。
ジャケットはおそらくiTunesで表示されるものだと思います。

全体の音量は、iPhone本体のボリュームボタンで操作しますが、このアプリが面白いのは再生曲と環境音の音量比率を変えられる事です。

上下のスライダーを動かすことで、「環境音が強め、楽曲が弱め」などの環境音をつくり出せます。

実際使ってみると、何処かのカフェで作業しているようなバーチャルな感覚が味わえ、これはアリかもです。

僕は意外にも集中出来る気がしました。

まとめ

なかなか面白いアプリだと思います。

一人で静まり返った場所で作業したくない時などに使えそうなアプリです。

僕が使ってみて、良いと感じた点は、

  • お気に入りの曲を聞きながら、手軽にカフェ気分に浸れる
  • 意外にも集中出来る

逆にチョット惜しい点は、

  • 環境音が3パターンしかない
  • 楽曲を再生中に早送りが出来ない(再生、停止のみの操作)

以上の件が改善されれば、さらに良くなるのではないでしょうか。

いずれにしても、無料アプリなのでダウンロードして損はないと思いますよ!

忘れていましたが、Mac版のアプリもありますよ!

Coffitivity
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化

Coffitivity Coffitivity
価格: 無料
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化
App Storeで詳細を見る


アプリをダウンロードする


ではでは、この辺で。

Posted from するぷろ for iPhone.

The following two tabs change content below.

リブラブ

管理人:リブラブ(@livlove007) iPhone、iPad、Macユーザーです。 iPhone関連の商品やアプリを使った感想、また普段の生活の中で感じた様々な事を気ままに色々書いてます。 Follow @livlove007
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top